【やばい漬け。】を作ってみた。※アレンジレシピあり

こんにちは。

漬けものはメインディッシュと考える党代表のOisyです。

元々漬け物は好きではありましたが、自分でぬか漬けをはじめてみて漬け物沼にハマりつつあります。

 →ぬか漬け日記はこちら

そんな、私ですがYoutubeでやばいものを見つけてしまいました。

それがこちら↓

【感謝600万回再生やばいシリーズ】野菜を切って漬けるだけで、大量にたべられてしまう。~おまけ付~

「くまの限界食堂」さんのやばい漬け。【感謝400万回再生やばいシリーズ】野菜を切って漬けるだけで大量に食べられてしまう。~おまけ付き~

この記事を書いている2021/05/24時点でなんと驚異の260万回再生、好評価4.2万回の化け物動画です。

いままでYoutubeの料理系動画って全然見てこなかっけど、バズるとこんなに再生回数いくのね…

ぬか漬けのやり方を調べてたらしっかりGoogleさんにオススメされるがまま見てしまいました。

前置きが長くなりましたが、とにかくこの記事では読むだけでヨダレしたたる【やばい漬け。】つくっていきますよ。

 →第2弾 やばいきゅうりはこちらから

スポンサーリンク
この記事を書いた人
oisy(オイジー)

料理、キッチンガジェット好き30代男子。
10年以上食品業界を彷徨っています。
キッチンで使える情報を日々研究、発信しています。
たまに助手のKoisyが書いてます。

oisy(オイジー)をフォローする
ブログランキング参加中です。
よろしければクリックお願いします。
にほんブログ村 料理ブログへ

漬け汁をつくる

まず、漬け汁を作ります。

この漬け汁は後程冷ます時間が必要なため最初に行った方がいいようです。

レシピの分量や詳細は製作者である「くまの限界食堂」さんを最大限リスペクト致します。
この記事では記載しませんので、ぜひ動画をご覧ください。

醤油、酒、みりんを火にかけていきます。

漬け汁をつくっていきます

火をつけ煮きったら干し椎茸を投入し、火を止め常温になるまで放置します。

次の作業が終わる頃には冷めていきます。

スポンサーリンク

野菜を切る

続いて野菜を切っていきます。

この漬けの基本的な食べ方が、ご飯にかけて食べるため小さめのぶつ切りにしていきます。

キュウリを切る

1cm角にキュウリをカット

まずはキュウリを1cm角に切ります。

ミョウガを切る

これがたまらない

ミョウガを千切りにします。

ピーマンを切る

意外と大事なピーマン

ピーマンを1cm角に切ります。

かいわれを切る

そして実はこれが肝…

かいわれを2cmほどにカット。

長芋を切る

ねばねば要素も入れます。

最後に長芋を。これは大きめのみじん切りほどのサイズ。

スポンサーリンク

容器に入れる

さあ、漬けていきます。まずは材料を容器に入れていきますよ。しっかりと浸かる大きめのタッパーが良さそうです。

野菜を入れる

大きめのタッパーに入れる

カットした野菜を全てタッパーに入れていきます。この時点ですでにサラダとして絶対おいしい。

塩昆布を入れる

みんな大好き塩こん部長

塩昆布を入れます。

塩昆布は出汁として入れるとそのまま食べられるのでなるほどな~と思いました。

旨味!

粉かつおを入れていきます。

最近はつけ麺やラーメン屋さんでよく見ますよね。

唐辛子を入れます

唐辛子って実は辛みだけでなく旨味ももってるんですよね。

味噌と甜麺醤を入れます

味噌と甜麺醤

本家のレシピはコチュジャンですが、なかったので味噌と甜麺醤で代用しました。

くまの限界食堂さんでもコチュジャンがない場合は味噌をおすすめしています。

全部入れました!

おお~、この時点でおいしいものしか入っていない…

これをさらにおいしい汁で漬けていく、といわけですね。

もうどうなることやら…

スポンサーリンク

漬け汁を入れる

最初に作った漬け汁を入れていきます。

野菜を切ったりなんだりしているの間にいい感じに粗熱が取れました。

うまい汁を足していく~。

まぜまぜしていきます。

いい感じに混ざりました。

ちょっとつまんじゃお

(すでにおいしい…)

スポンサーリンク

落としラップをする

落としラップをすることにより、より野菜が漬かりやすくなります。

また酸素と触れる部分が少なくなり、酸化がしづらくなります。

落としラップをします。
スポンサーリンク

6時間漬ける

最後に6時間ほど漬けていきます。

漬けあがったのがこちら。

野菜が漬かり、色が少し濃くなりました。
しっかり漬かってうまそ~!

野菜がタレを染み込んだ色になりました。

もうタッパー全体がおいしそうです。

スポンサーリンク

実食

さあ、それではいよいよ食べていきます。

基本の食べ方は卵と一緒ご飯にかけて食べる、です。

ご飯にかける

漬かった野菜をご飯にかけていきます。絶対においしいですが、ここはひとまず我慢。

卵をのせていきます。

う、う、うまそう…

やっとここまで辿り着きました。

実際にはそんなに手間も時間もかかっていないのですが、常に「うまそう」と思わせてくるので実際の時間よりかなり長く感じました。

さあ、食べていきます。

やばい、やばいぞ…

……

………

うまい…

……………

うますぎる…

…………………

いや、これは実にうまい。

まず野菜の食感。

浅めに漬かっていることにより野菜がしんなりとして、ご飯との食べ合わせがとてもいい。

そして旨味。

昆布、椎茸、鷹の爪、味噌、醤油の旨味を少量のお酢による酸味でうまくまとまっています。これは多すぎても少なすぎてもうまくいかない。この分量だからいい。

すまた少し濃いめの漬けタレで野菜にはしっかり味が染みているので卵の中でも存在感を発揮。

箸が止まらない!

白米が速攻なくなってしまいました。

結局茶碗3杯分で試合終了。

ごちそうさまでした。

スポンサーリンク

アレンジレシピ

通常のレシピで作るとそれなりの量ができました。

動画にもあるようなアレンジレシピとオリジナルのアレンジを試してみました。

セロリを追加

セロリを追加

食べ進んでくるとだんだん漬け汁だけ残っていきます。

この漬け汁をなんとか再利用したいなと思い、セロリを追加で入れてみました。

野菜をカットしてる段階で絶対合うな~と思っていたのですが予想的中。

セロリの独特な香味が、さらに食欲を刺激します。

斜めにそぎ切りすることによって、よりご飯と絡んできます。

ミニトマトを追加し冷製うどん

お手軽絶品冷やしうどん

これは動画でもオススメされていた食べ方ですが、さっぱりサラダうどん感覚で食べれてめちゃくちゃおいしいです。

ミニトマトを1/4にカット。

Oisyは漬かっている干し椎茸もスライスして入れ、ゴマ油を回しかけました。

豚しゃぶサラダ

豚しゃぶに…
ぶっかけ!

豚しゃぶとの相性は言わずもがな。

そのままぶっかけるだけで絶品豚しゃぶサラダになります。

スポンサーリンク

まとめ

「やばい漬け。」はやはりやばかった。

何より使われる野菜と漬け汁の配合が素晴らしい。

そのままご飯にかけても美味しいし、

多彩かアレンジ展開も簡単で常備菜としても優秀。

漬け汁も、好みに合わせて進化させていくのもありかなと。

そのうちOisyオリジナル「やばい漬け。」を開発したい気持ちもフツフツと沸いてきました…

「くまの限界食堂」さんはやっぱり凄かった。

素晴らしいレシピをありがとうございましたm(_ _)m

コメント

タイトルとURLをコピーしました